帰り道は過ぎていく 少し風が吹いている
たわいない会話 妙に楽しくて
気づいてしまって 冗談まじりかき消した
それぞれの歩く 道は別々と

あの時描いた 夢であふれた 青写真と
また違う 明日でもいいさ

今は ちはやふる想い 胸に抱いて
目指した先に何があるんだ?
今なら掴めそうで 手を伸ばしてみる
夢の途中 きっといつか また会えるだろう

夕闇に照らされて 逃げる様に過ぎてった
恥ずかしいくらいに まっすぐな日々

今でも変わらない僕ら待ち合わせたあの場所
君は まだ覚えてるのかな?

いつも 目には映らない ことが大切で
君と僕も つながってるんだ
茜の色に染まる 影は伸びてゆく
夢の途中きっといつか また会えればいい

それでも 今は笑える
いつでも 息をしている
どんな僕でも ここにいるから

今も ちはやふる想い 胸に抱いた
それが若さと 笑いたきゃ笑えばいい
僕は君がいるから 走り続けてる
君は言うだろう「きっとそれは僕も同じだ」と

Enviar Tradução Adicionar à playlist Tamanho Cifra Imprimir Corrigir

Posts relacionados

Ver mais posts